【写真付き解説】簡単!!ベネチア メストレからベネチア電車での行き方

ベネチア本島から近いメストレ、ベネチアはホテルなどが高額などの理由でメストレに滞在する人も多くなっています。今回はメストレ(ベネチア・メストレ)駅からベネチア(ベネチア・サンタ・ルチア)駅の行き方を解説します。とても簡単に行けます。

【写真】一度は訪れてみたい水の都ベネチア
【写真】一度は訪れてみたい水の都ベネチア
広告

まずはチケットを買う

メストレから電車でベネチアに向かうには電車のチケットを購入する必要があります。そしてこのチケットが購入さえすれば電車に乗り込み、一駅でベネチアです。

チケットはチケットオフィスでも買えますが、今回は自動販売機での購入をメインに解説します。

メストレのチケット販売機

通常チケットオフィスは長距離電車のチケットを買う人で列ができているので自動販売機を利用した方が圧倒的に簡単にチケットが購入できます。
しかしこの自動販売機、イタリア語、英語、スペイン語などの言語で利用できますが、日本語は現在のところありません。そこで英語で利用法を解説します。

チケットの販売気はメストレの場合チケットオフィスを出たところ、または一番ホーム付近に設置されています。下の写真のような販売機です。

【写真】メストレの乗車券販売機

カードか現金か?

自動販売機には現金とカードが使える販売機、またはカードしか使えない販売機があるので必ず使用する前に確認してください。下の写真の青い枠内に紙幣とコインのマークが書かれている機械は現金の利用が可能です。書かれていない場合はカード専用機ですので注意が必要です。

【写真】現金が使えるかどうかを確認

自動販売機でチケットを買う

自動販売機の最初の画面は下の写真です、言語を変換できるのでわかりやすい英語に変換します。2018年現在日本語はありませんでした。

【写真】販売機の英語を選択し、画面を押す

次の画面で
Depature Venzia Mestreとなっているのを確認し、下に表示された目的地リストの中から「Venezia S.Lucia」を探して画面をクリックします。

【写真】Venezia S.Luciaを探して画面クリック

次の画面で出発日時、時間を設定します、今からすぐに乗る場合はそのままの設定です。日時や時間を変更する場合はカレンダーで乗車券を買いたい日にちを指定します。今回はそのまますぐに乗る予定で進めます。
下の画面で緑の「from 12:00 onwards」は「12時から」という意味で、すぐに乗りたい場合ここは触れずに、画面右下の赤枠で囲ってある部分「CONFIRM」を押します。次の画面に進みます。

【写真】すぐに乗る場合は「CONFIRM」をクリック

次の画面のリストには電車の発着時間、目的地までの乗車時間、それから電車の種類、そして料金が表示されます。
下の写真を見ると、ベネチア-メストレ間は乗車時間10分というのがわかります。発着時間は近いものから遅いものが表示されています。

【写真】電車の種類と時刻が表示されます

電車の種類は「R」は鈍行「RV」は準鈍行です。メストレからだとどちらも料金は変わらず1.35ユーロです。
特急も表示されますが、料金が高いので選ばないように。

乗りたい時間の欄の右に買い物かごのマークが表示されています、それをクリックすると、次の画面に進みます。

【写真】買いたい時間の買い物かごマークをクリック

次の画面では購入枚数を設定できます。複数の人で買う場合は購入枚数の1の横にある「+」マークをクリックすると数字が増えていきます。買いたい人数分の数字にします。下部分に合計料金が表示されています。
初期設定は1枚です、枚数を設定したら画面右下のFORWARDをクリック。

【写真】購入枚数設定画面

シート選択の画面に進みますが、鈍行の場合シートは自由で選べないのでそのまま画面右下の「FORWARD」をクリックします。

【写真】シート選択画面

最終確認画面になります。赤い線の部分、発着駅、時間、料金を確認して「PURCHASE」をクリックします。

【写真】最終確認画面で日時、料金を確認して「PURCHASE」をクリック

この画面の後に「チケットは乗車前にからならず刻印してください」という警告画面が出ます。この画面を見たら「COUNTINUE」を押して次の画面へ。

【写真】チケットのスタンプは忘れずにの画面




支払い、現金およびカード

乗車券自動販売機の場合現金支払いかカード支払いかを選べます。カード専用機の場合はカード支払いしかできませんので注意が必要です。

【写真】現金かカードで支払う

・現金の場合は下の図の投入口からコインや紙幣をいれます。

【写真】コインや紙幣を入れる

・カードの場合は写真のカード挿入口にカードを差し込みピンコードを打ちこみます。

【写真】カードを入れてPINを打ち、OKを押す

・タッチレスカードにも対応していますので、下の写真部分にカードを近づけるだけでも支払いできます。

【写真】タッチレスカード対応

料金が支払い終わると下の写真のような画面が表示されてチケットが取り出し口にでてきます。

【写真】支払いが終了するとこの画面になり、チケットが下の取り出し口からでてきます
【写真】チケットが発券される。

お釣りはコインの場合、チケットが出てきたところ、紙幣のお釣りは紙幣挿入口から出てきます。取り忘れのないように!!

 

要注意!

チケットの自動販売機で購入していると「手伝おうか?」や「お釣りをください」といった人が近づいてくることがありますが、気を付けてください。手伝ってもらうとチップを請求されたりします。また近づいて紙幣のお釣りの受け取り場所を隠し、そこから紙幣を取られる場合はもあるので注意してください。

自動販売機は慣れるまで購入に意識がいってしまい、財布やスマートフォンの管理がおろそかになりがちです。この状態は非情に危険な状況ですので、財布、貴重品の管理を忘れずにしてください。

ベネチア行きの電車の時刻を知る

メストレの駅からベネチアに向かう人が多いのでベネチア行き専用の電子時刻表があります。それでベネチア行きの時刻を簡単に確認できます。

チケットを買うときに決めた時刻の電車を見ます。その横に数字が書いてありますが、それが電車が来るホームの番号です。「5」と表示されていたら5番線です。

【写真】ベネチア行き専用時刻表

鈍行のチケットの場合、販売機で買った時刻に乗らなくても大丈夫です。

刻印機に必ず通す

イタリアの駅は日本のように改札口がないので簡単にホームに行けますが、乗車券の有効化を行ってください。忘れた場合、検察員が回ってきたときに問題になります。

チケットを持っていても刻印されていないと無賃乗車とみなされます。

【写真】チケットに刻印するのを忘れずに!!

電車に乗車ベネチアへ

時刻表に表示されていたホームに行き、電車を待ちます。電車が来たらそれに乗車。およそ10分でベネチアに到着します。

【写真】来た電車に乗り込みます

日本と違う点は

・電車は頻繁に遅れることがある。

・天候に左右されやすい。

・直前に到着ホームが変更になることもある。

・ストライキで電車が来ないこともある。

【写真】駅を出ると目の前に運河が広がるベネチア

ベネチアに到着して駅を出たらすぐに運河が見えます。
<関連リンク>
・【写真付き解説】ベネチア鉄道駅の荷物預り所の場所
・【写真付き解説】ベネチアからメストレに電車で行く方法
・【写真付き解説】トレヴィーソ空港からベネチアまたはメストレへ鉄道での行き方、バスより安い
イタリア行き最安航空券を検索
最安で快適メストレのホテルを検索

 

広告