【エベレスト登山】ゼロからはじめるエベレスト登頂へのアプローチ方法。その3。

 公募隊に参加し、装備をそろえたらいよいよエベレストを有する国ネパールに向かう。(この記事は南東稜ノーマールルートについて書いてます)。

 エベレスト春の登山期は4月5月。4月の上旬には標高5300mのベースキャンプに到着できるようにする。

 ところがそう簡単に辿り着けないのがエベレストベースキャンプ。ネパールの国際空港は標高1300mの首都カトマンドゥにある。そこから飛行機でベースキャンプまでひとっ飛びと行きたいところだかそうはいかない。

 カトマンドゥでローカル路線に乗り換えて、エベレストベースキャンプへ登山道の開始地点となる標高2800mのルクラ村まで飛ぶ。

 つまりエベレスト最寄の飛行場がこのルクラ。ここに飛行場ができる以前は更に遠くの村から歩いていたそうだ。

 エベレスト登山を目指す人々は、この村からゆっくりと標高をあげながらベースキャンプを目指すことになる。

 公募隊によっていはカトマンドゥ集合の隊もあるだろうし、標高5300mのベースキャンプに集合の隊もある。

 飛行機が着くルクラからベースキャンプまでは「エベレスト街道と呼ばれるトレッキング道が続いており、終点のベースやキャンプまでは6日~10日を要する。

エベレスト街道途中にあるナムチェバザール村。
エベレスト街道途中にあるナムチェバザール村。

 エベレスト街道の要所には村や集落があり、宿泊施設もあるのでテントを設営する必要もない。

 進み方はそれぞれのペースや高度障害の症状で異なる。以下はスムーズに進んだ場合の一例。

1日目 ルクラ標高2800m → ナムチェバザール 標高3440m

2日目 高度順応のためにナムチェバザール滞在

3日目 ナムチェバザール標高3440m → タンボチェ標高3860m

4日目 タンボチェ標高3860m → ペリチェ 標高4240m

5日目 ペリチェ 標高4240m → ロブチェ 標高4930m

6日目 ロブチェ 標高4930m → エベレストベースキャンプ 標高5300m

エベレスト街道の途中からいよいよエベレストが見え始じめる。
エベレスト街道の途中からいよいよエベレストが見え始じめる。

公募隊によっては既にベースキャンプに隊員個人のテントが設置されている。

ここからいよいよ本格的な登山が開始する。

次は記事は【エベレスト登山】エベレスト登山60日のおおよその計画。です。

ツイッターで時々つぶやいています。