けいの無銭旅行記 日記のページ

*

バングラディシュ人の町

      2016/01/05

世界遺産でもリゾート地でもなく、観光地でもない街モンファルコーネに着いた。街の中心部に近づくと明らかに今までの街と雰囲気が違う。何だ、何が違うのか。

街の中心には中央広場があり、そこに接して教会があり、街のどこからでも見える鐘楼がそそり立ち、路面は綺麗にタイルが敷き詰められており、いったってよくあるイタリアの街並みなのだ。しかし、何かが違う。キョロキョロと辺りを見渡す、バングラディシュ人が一人、二人。。。10人以上。違ったのは街並みではなく、視界に入る人達だ。恐らく10人に8人(80%)はバングラディシュ人である。時々バングラディシュ人にまぎれてイタリア人が歩いていたりする。なんだこの街はバングラディシュ人が明らかに多い。

【写真】道行く人はバングラディシュ人ばかり。

【写真】道行く人はバングラディシュ人ばかり。

 今まで数多くのイタリアの街を通過し、様々な場所でバングラディシュ人を見かけたが、ここまでバングラディシュ人の多い町を見たことがない。中国人にのっとられたプラートという街がフィレンツェの近くにあっが、まさにここはバングラディシュ人の街と言っても過言ではない。

街を歩くと数多くのバングラディシュの人経営の店がある。食料品店から電話ショップ、カフェまでも店員がバングラディシュ人だ。これほど沢山のバングラディシュ人に囲まれているとバングラディシュを回った時のことを思い出す。

【写真】バングラディシュの喧騒。(イメージ写真)

【写真】バングラディシュの喧騒。(イメージ写真)

 バングラディシュではどこで自転車を止めても人が集まり、手品を始めようものならトンでもない人が集まり、後方で見えない人が電柱に上り始めることもあった。つまり、ここで芸を始めればもの凄いことになるだろう「こりゃたまらん」とこみ上げてくる笑いを押さえて、路上に立つ。

芸を始めて一分もせずにバングラディシュ人が一人、二人と足を止める。「おおっ!」さすが国は変れど国民性は早々変わるものではない。

近くにたむろをしていたバングラディシュ人も寄ってくる。「こりゃ凄い!」と芸を続ける。時々記憶の片隅に残っている片言のベンガル語で「エック、ドウッ、ティン!」などとかけ声をかけながら盛り上げるのだ。そして一通り終ったところで「よしここだ!」と帽子を差し出す。

バングラディシュではお金を集める時には面倒見のよいオジサンが登場して、「ホレ!皆の者、ここにコインを入れるのじゃ!」とか言いながら群集を回ってくれたのだ、ここでも誰か登場するか?と辺りを見回すが「シーン」として何の反応もない。

「ぐむ、アクションが小さかった、もう一度」と頭を下げながら帽子を高々と上げた。

シーンとして再び反応はない。

まぎれて見ていたイタリア人がポツポツとコインを入れてくれたが、バングラディシュ人は何の反応もせずにちりじりに散っていくのだった。ずーん。

【写真】すぐに人が集まるが、コインを入れてくれる人は皆無。

【写真】すぐに人が集まるが、コインを入れてくれる人は皆無。

(仮説的解説) 仲良くなったバングラディシュ人のフェロスさんやカマル君に聞いて知っていたのが、イタリアに出稼ぎに来ているバングラディシュ人は相当に切り詰めた生活をして、本国にお金を送金している。そのため、無駄に使うお金がないということで投げ銭は殆どしないと推測。
(後日談) 在住の人に訊ねたところ、モンファルコーネは造船業が盛んで、そこにバングラディシュ人が雇われているためにこの街にはやたらにバングラディシュ人が多いそうです。

 - 15 イタリア回遊編 , , ,

Stinger5ノーマルアドセンス

Stinger5ノーマルアドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【写真】クロアチアとイタリアを結ぶフェリー
奇行紀行

 ドブロブニクを出発することにした。理由はまたもイタリアの魅力に引き寄せられたか …

【写真】いつもご近所のセネガル人のカバン売り
隣のセネガル人

「隣のセネガル人」と言っても隣に住んでいるわけではなく、いつも路上の隣、近くにい …

【写真】左がカルカッタ出身のシャルカールさん。
インド人イン・ローマ

先日ナボナ広場でローマに住むインド人に出会った。 ふとその昔スティングという歌手 …

【写真】写真に納まりきらないほど、世界一高いビルディングブルジュ・ハリファ。
ドバイ トラベラーズフェスティバル その3

 またいつも通り更新が滞っていましたが、元気にしております。1月下旬から2月9日 …

【写真】パイ生地とカスタード、生クリームのハーモニー。クリムピタ。
甘い話

タイトルに「甘い話」とありますが、ラブロマンスの甘い話ではありません。 今回はこ …

路上のマジシャン
類は友を呼ぶ

 路上で芸をしていると様々な人との出会いに恵まれる。実に様々な人に話しかけられる …

【写真】イストラ半島南端の街プーラのコロッセオ
完全に冬

 イストラ半島の付け根にあるスロベニアのコペルを出発してからもうすぐ10日が過ぎ …

lecce002
風が吹くと桶屋が儲かる的な。

 「風が吹くと桶屋がもうかる」という落語があるそうですが、 それは  ・風が吹く …

no image
ブーツの先

シチリアからフェリーに乗り、ブーツの形をしたイタリアのつま先に渡った。 イタリア …

レッチェ 街
8月の訪問者

 前回の更新からまたも放置期間が長引きました。言い訳がましいのですが、ページを更 …