イタリアはだいぶ街の様子が戻ってきました!

イタリアでは、今年の1月末、初のコロナ感染者が見つかりました。

それからあれよあれよという間に、感染者が見つかり、都市封鎖という状況に。

丁度2月の末はベネチアカーニバルが開催されていたのですが、最終日を迎えることなく中断という非常事態でした。

イタリアは当初、コロナ感染者の多い、北部のみの都市封鎖でしたが、すぐにイタリア全土の封鎖に舵をきりました。

その状態がおよそ2か月。

5月18日から封鎖が段階的に解除されて、商店や、路上に人が戻りだし、6月3日はほぼ規制解除、イタリア全土内の移動が再開。

全く慎重派でない私なのですが、あまりの急展開で

「これは、もしかして第2波がすぐに来るのでは?」

と警戒。

規制が解除されても、引きこもりを続けています。

外出する用事といえばピザ屋に行き、テイクアウトで持ち帰りというのを繰り返している今日この頃です。

6月3日から本格的に規制が解除されて

「第2波が~」

と恐れていたのですが、6月23日の今日までイタリアの感染者数は減り続けています。

減り続けている新型コロナウィルス感染者
【画面】減り続けているイタリアの新型コロナウィルス感染者

というわけで3月のイタリアは断トツの感染者数トップだったのですが、現在はかなり落ち着ていきている状況です。

2020年6月22日撮影のナポリ
【写真】2020年6月22日撮影のナポリ

しかし世界ではまだまだ感染者数が増加しており、以前の様に自由に旅行ができるようになるまでは時間がかかりそうです。

今回は以上です。

2020年6月22日撮影のナポリ
最新情報をチェックしよう!