けいの無銭旅行記 日記のページ

*

自然素材の陶器

      2016/01/12

 ノリコさんの旦那のマルチェロさんは陶芸家だ。

 ただ仙人の様に山奥に住んでいるわけではなく、土を手に入れたり、釜で陶器を焼いたりするので山奥の方が都合がよいのだろう。二人を見ていると山の中の生活を楽しんでいるようだ。

マルチェロさんの作る焼き物は全て自然から取れた素材を使っているとのことだった。

本来マルチェロさんは器や皿などよりも、よりアーティスティクな作品を好むのだけど、生活の為というのもあって、コップや皿も製作している。

私は焼き物には全く持って詳しくないのだけど、マルチェロさんの作品は出来上がりの色が鮮やかで美しい。

 マルチェロさんが言うには、色の成分を土から取り出し、それを塗ることにより、様々な色が出せるのだそうだ。

 奥さんのノリコさんはイタリアに郷土料理の勉強に来ていたというシェフ。ノリコさんが作ってくれる料理はイタリアの家庭料理に始り、郷土料理や日本料理もあり幅が広く、言うまでもなく絶品である。

自然に囲まれゆったりとした二人の生活を見ていると、「こういう生きかたもよいなぁ」と思う。

【写真】マルチェロさんが作る陶器。色が鮮やか。

【写真】マルチェロさんが作る陶器。色が鮮やか。


 - 15 イタリア回遊編 ,

Stinger5ノーマルアドセンス

Stinger5ノーマルアドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ブーツの先

シチリアからフェリーに乗り、ブーツの形をしたイタリアのつま先に渡った。 イタリア …

【写真】いつも来る小さなお客さん、ジョルジ。
小さなお客さん

ひと所で手品をしていると、意外に顔見知りが増える。 それはいつも通る道の店員だっ …

【写真】時間通りにロビーに向かうが誰もいない。
ドバイ トラベラーズフェスティバル その2

朝から贅沢  朝食の時間が朝の7時から10時と聞いていたので、その時間に起きねば …

【写真】サンマルコ広場にて。
思い出せない

昨日の路上は散々だったので、「今日こそはよい天気!」と願っていたが、外に出ると一 …

no image
真実を教えてくれ

今日も面白いと言ったら失礼かも知れないが珍しい観客がいた。 その人は手品が終って …

【写真】ハッサンから送られてきたドバイトラベラーズフェスティバルの招待状。
続・怪しいメール

 2014年に年末に怪しいメールで急遽招待されたドバイトラベラーズフェスティバル …

【写真】ベネチアの路上の芸術家。
バスカー

「バスカー」という言葉は日本では聞き慣れないが、路上で音楽を奏でる人や、芸を演じ …

【写真】芸に必ず突込み入れてくる人がいるイタリア。人の距離がだいぶ近い。
バーリーショック

ドブロブニクの白い石畳、白い建物の街からやって来たバーリの街は妙に暗く見えた。 …

【写真】路上の物売りは移民が圧倒的に多い。
隣のアブドゥ

毎日芸をしている場所の隣でアクセサリーを売っている黒人男性がいる。 彼とは大抵毎 …

【写真】私服警官は一般の人と全く区別がつかない。
私服警官

 前の記事でイタリアの警察の話をしましたが、もう一つ、イタリアには私服警官がいま …