けいの無銭旅行記 日記のページ

*

二人の自転車乗り

      2015/05/09

ペスキエラに滞在しながら週末はベローナの街に手品に向かう。

世界遺産にも登録されているベローナの街は観光客が多く、路上で芸をするにはとてもよい環境だ。

芸をするといっても、四六時中やっているわけではなく、人が出歩く時間以外は街をうろついている。

午前中、人が少ない時間に広場の近くを通ると大きな荷台を引いた自転車が視界に入った。「自転車旅行者」だとすぐに分かった、自転車の後部には大きなリヤカーが付いていてそこに犬が2匹乗っていた。毛並みの良いシベリアンハスキーだ。その後ろに黄色い看板が取り付けられていて赤い文字で”Randolph Westphal””5th World Tour”と書かれていた。迷うことなく彼に話しかけた。

大抵の自転車乗りはフレンドリーで話しかけると、よく喋ってくれる。ランドロフさんはドイツ出身、23年間自転車旅行をしていて、これからイタリア南部に向かい、それからシベリアに向かうという。

「冬に?」と尋ねると「ノープロブレム、スパイクタイヤもあるし、暖かい寝袋もある、寒けりゃ彼らを抱いて寝るよ」と荷台に乗っている犬を指差した。雪の中の走行は寒さはもちろん、スリップなど危険が事が多い、しかしこの時期にシベリアとは自ら過酷な地に向かうタイプだと思う。

犬を連れているチャリダーも珍しい、写真を一枚取らせてもらい、「Have good jouerny!」と言って見送った。

Nikco 日本からフランスを目指している。

また歩行者専用道を自転車を降り、歩いていると、反対側から、荷物を積んだ自転車を押しながら歩いてくる人がいる。

自転車には前後車輪の側面にバッグが付いている、自転車旅行者のスタイルだ。ちょうどすれ違いになったので、また話すことになった。

今度の彼はフランス人でなんと日本から自転車で母国フランスに戻る途中ということだった。彼もとても気さくで、ここまで来るのに2年3ヶ月掛かかり、12月までにパリに到着しなければならないと旅行程を説明してくれた。

彼は「ニコ」と言った、私が通過してきた国々と共通の国が多かったので、話題が多く、時間を忘れて話し込んでしまった。

自転車旅行者は気さくで話しやすい人が多い、自転車を漕いでいる時間は常に自分としか対話が出来ないから、その分人恋しくなるのだ。

 - 15 イタリア回遊編 ,

Stinger5ノーマルアドセンス

Stinger5ノーマルアドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【写真】いわゆる警察。イタリアだけに稀にランボルギーニーパトカーが。
イタリアの警察

 現在(2015年9月の時点)滞在しているイタリア南部の街レッチェ。ブーツの形を …

クロアチア ドブロブグニク
アドリア海の真珠

あきれるほど美しい海岸沿いの8号線を南下して「アドリア海の真珠」と称されるドブロ …

【写真】もう呆れるくらいの絶景が広がる国道8号線。
お勧め8号線

ストンという半島付け根の街を最後にペリシャツ半島からバルカン本土に入った。 本土 …

【写真】同じ芸でも国によって反応が異なる。
帰路徒然

歴史を感じさせる重厚な造りのイタリア銀行でコインを紙幣に交換してもらい、ベネチア …

【写真】芸に必ず突込み入れてくる人がいるイタリア。人の距離がだいぶ近い。
バーリーショック

ドブロブニクの白い石畳、白い建物の街からやって来たバーリの街は妙に暗く見えた。 …

【写真】路上の物売りは移民が圧倒的に多い。
隣のアブドゥ

毎日芸をしている場所の隣でアクセサリーを売っている黒人男性がいる。 彼とは大抵毎 …

【写真】裏路地は細くて入り組んでいる。
誕生日会

今日は誕生日会に呼ばれて行ってきました、と言っても出張手品で。 イタリアでは誕生 …

no image
日本人チャリダー

自転車旅行者のことを英語では「サイクルツーリスト」と呼んだりするらしいが、日本語 …

【写真】ててけて
出稼ぎ

 好奇心を掲げてクロアチアの島を転々と渡り歩いたのだが、その代償は大きかった。 …

no image
投げ込まれた50ユーロ札

フランスやイタリアその他多くのユーロを使う国では、大きな額の紙幣を使をうとすると …